home  > 浮世絵  > 凱風快晴

凱風快晴

葛飾北斎

「冨嶽三十六景」は北斎晩年期天保初年の大作であり、彼の画業上一時期を画すべき意義の大きな作品で、広く風景版画史上からも画期的な記念作である。北斎が長年習得してきた和漢洋の技法を融合して一体化した努力の結晶作であり、浮世絵版画に本格的な風景画をもたらした初めての作品群であった。このシリーズ中、誰もが認める優秀作がこの「凱風快晴」である。
この作品は周辺の景色を描かずにただひたすら空に向かって高く聳え立つ富士山のみに焦点を合わせている。稜線を微妙な筆の動きで凹凸にした山容と、筆先を巧みに用いた裾野の林野と、画面のほぼ半分をうろこ雲で占めた作画で、富士山に対して抱く感情を凝縮して表現している。山形を右に寄せて稜線を強調し、山腹、裾野、空は簡単な色彩で構成し、絵に広がりと遠近感を持たせた絵師の技は見事である。南から吹く穏やかな風(凱風)と白い層雲にそびえる富士を簡潔に把握した北斎の才能を十分発揮している。
赤い山肌の印象から「赤富士」ともいわれているが、日の出や日の入りに赤く染まる富士の現象が見られ、その瞬間をとらえたともいわれている。

画面寸法
26.0×38.5cm
額寸法
40.0×55.5cm

凱風快晴
UK-AD-003

29,800 円 (税込)

数量 

日本国内に配送の際、お買い上げ商品合計金額が1万円を超えた場合送料無料になります。

Brand

The Top 5

1

Drink

天然シリカ水 肌ぴりか水(24本入り)

3,900 円

2

Food

山形県産 完全無農薬 薬膳米(精米)

5,000円

3

Food

A5ランクの焼肉パック(3袋セット)

2,180円

4

Food

極鯖(2本入り)

2,850円

5

Food

博多あごふりだし(50パック入り)

2,150円

シェアする