home  > 浮世絵  > 日本橋雪中

日本橋雪中

歌川広重

川口正蔵版の、この外題と画題とを一図に書き込んだシリーズは、天保末年の制作で、15枚ほど知られている。佳作が多く見られるなかでもこの「日本橋雪中」は白眉の一作である。 日本橋を北岸から斜めに眺め、一石橋、江戸城を望んだ通例の構図法を取るが、橋脚を見せて橋をやや高く位置させているのが通常と少し異なる。そして橋下の日本橋川に漕ぐ舟を配し、幾分写実味を強め、奥行への距離感も出している。もっとも、雪景にした関係から、水の藍との映りを考慮して、水面を多く取り入れたのかも知れない。雪の質感を出すために胡粉をふりかけ、しきりに降る情景を作り出している。全体に写実的でありながら、遠方に富士山が見えるのは、降雪中だけに理屈に合わないが、この写生位置からの日本橋の図に、江戸城と富士は景物として欠かせない通例から、絵として見るために、あえて入れたのかも知れない。しかもここに富士山を配することにより、絵も締まって見栄えがよく、一見不自然さを感じさせないのは、広重自身の持ち味に寄るものと思われる。

画面寸法
25.0×39.0cm
額寸法
40.0×55.5cm

日本橋雪中
UK-AD-006

29,800 円 (税込)

数量 

日本国内に配送の際、お買い上げ商品合計金額が1万円を超えた場合送料無料になります。

Brand

The Top 5

1

Drink

天然シリカ水 肌ぴりか水(24本入り)

3,900 円

2

Food

山形県産 完全無農薬 薬膳米(精米)

5,000円

3

Food

A5ランクの焼肉パック(3袋セット)

2,180円

4

Food

極鯖(2本入り)

2,850円

5

Food

博多あごふりだし(50パック入り)

2,150円

シェアする